肌の変化に合わせた美容液でエイジングケアを行なう

刺激と種類

化粧品とタオル

刺激

ビタミンc誘導体が含有されている化粧品は肌トラブルを改善してくれる非常におすすめの化粧品です。しかしながら、肌が刺激に弱い人の場合は、少し配合成分を考えてから化粧品を選ぶと良いでしょう。それというのも、ビタミンc誘導体には種類があり、低刺激のタイプもあるからです。刺激の強いタイプをあえて使用することはないので、低刺激のビタミンc誘導体を使用して肌に強い刺激を与えないことも大切なことです。また、保湿成分が多く含まれていることも重要です。保湿成分の代表格はヒアルロン酸とコラーゲンです。この2つが十分に配合されていて、低刺激のビタミンc誘導体が配合されていると、なおさら高い効果を期待することができます。

種類

化粧品選びでビタミンc誘導体の種類に注目することは、何も肌が敏感肌の人だけに限りません。肌の悩みは十人十色なので、どのような種類がどのような効果があるのかをきちんと把握してから使用することは、誰に取っても重要なことなのです。たとえば、ビタミンc誘導体には水溶性、油溶性、両性の3つのタイプがあります。水溶性の代表格は、リン酸アスコルビルNaです。油溶性の代表格は、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルがあります。美容液や化粧水に配合されているのは、水溶性と両性です。一方、クリームに配合されているのは油溶性です。このうち「両性」というのは、油溶性と水溶性の2つの性質を持っているので、非常に優れたビタミンc誘導体と言っても過言ではありません。